小田原城馬廻り衆の演舞

2015年12月16日

アレンジメントケア箱根仙石原の広報委員です。
本日は4階フロアの12月生まれの方の誕生会でしたが、そのお祝いの気持ちを込めて
小田原市で手作り甲冑研究保存会馬廻り衆として活動している方をお招きし、
甲冑仕舞『ああ小田原城』と小田原の民話『ねこの盆踊り』の朗読を披露していただきました。
DSCF4250

DSCF4251

手作りの甲冑に身を纏った素晴らしい演技に皆様真剣に見入っておられました。
入居者様も、このような演技を通じてその時代に思いを馳せていらっしゃったのでは・・・と思います。

この日誕生会の対象の方には、主宰の方より花束の贈呈もあり、とても誕生会が盛り立てていただけました。
この場を借りて馬廻り衆の皆様にお礼を申し上げたいと思います。

★≡★ 冬と言ったら恒例の …「おそば」★≡★

2015年12月12日

アレンジメントケア箱根仙石原です。
本日は、「おそば」について
お伝えしたいと思います。

DSCF4227 - 2

12月半ばになり、箱根町でも肌寒い風を
多く感じられるようになってきました。
4階でも、「もう冬だから、寒くなったね」など、
窓の外を眺めながら、冬に関する話をされている
入居者様もおります。

よく聞かれるのは、入居者の皆さんが昔作った
手料理の話です。「漬物」や「おもち」など、
今の時期には欠かせない食べ物を、
ご家族みんなで作ったと、話されている方もおります。

DSCF4228 - 2

今回も、昼食時にそのような話をしていると、
厨房から届いた昼食が「おそば」だったので、
「もう、年越しそばか…。1年あっという間だな」
など、感動されている入居者様や、奥様の隣で微笑んで、
「僕はね、そばが好きなんですよ ❤」と話され、
いつも以上に食事が進んでいる入居者様の姿もありました。

今年も残り20日ほどしかありません。
当施設では年末にかけて「クリスマス会」や、
「餅つき大会」などのイベントが控えています。
それでも「おそば」と一緒で、楽しみにしすぎて
慌ててしまうと、詰まってしまうかもしれません。
入居者の皆さんにもご自身のペースがあるので、
それに合わせて、落ち着いて正月を迎えられるように、
おそばで手助けできればと思っています。

改装終了まもなく

2015年12月7日

先月より、内部改装を行なっていたセブンイレブンの改装終了日の10日が近づいてきました。
今まではやむなく職員しか行けない位置にある店舗にしか行けませんでしたが、10日以降は利用者様が同行可能になります。
改装があったため、ご自分で行く事のできなかった利用者様もおりましたが、10日以降は可能になり、ご自分で購入が出来るようになり、今まで行く事ができなかったストレスも解消されるのではと思います。
こちらもご自分で選んで頂きたいのはやまやまなのですが、距離の関係上負担がとてもかかってしまうため、同行を断念せざるを得ない状況でした。

改装後は内部が以前より、広くなるとの事で今までは狭かったカウンター付近も広くなると思われます。
利用者様同行の際は車椅子の方が同行する場合もありましたため、他のお客様の迷惑になる場合もあったと思いますが、店内が広くなれば、すれ違う際に空間の余裕ができるはずなので、迷惑になりにくくなると思います。
どのような内装になるかは不明ですが、今までよりも広くなるとのことです。
内装も気になりますが、商品の有無も気にしています。
利用者様によっては、商品内容に細かい方もおり改装前にあった商品が配置してあって欲しいです。
セブンイレブン自体は多数の店舗がありますが、商品内容自体は各店舗で異なる場合があるため、改装後も前にあった商品がそのまま陳列してあることを期待しています。


介護のご相談、資料請求などお気軽にお電話ください。見学随時OK!