カップス!

2020年2月18日

こんにちは業務室です。

本日はカップスをやりました。

「カップス」とは、プラスチックカップでリズムを刻みながらアカペラで歌う演奏法で、
手とコップのたてる音が楽器のはたらきをします。拍手、床やテーブルを叩く、コップの口・底を叩く、つかむ・・タッチによって音が変化しリズムを楽しみます。

認知予防にも効果があります。

カップスは初めてなので、まず手の順番を覚えていきます。

しかし、手の順番を覚えるのが難しくゆっくりと覚えていきます。
だんだん感覚がつかめてくると、入居者さまも夢中に。

慣れたら、今度は歌を歌いながらやります。

課題曲は「もしもし亀よ」「ひな祭り」「ふるさと」「みかんの花咲く丘」です。

歌と手とカップをリズムに合わせてやるのは難しく
入居者様も「できなかった~」「くやしい!」と間違えながらも笑顔で楽しんでおられました。


コメントをどうぞ

介護のご相談、資料請求などお気軽にお電話ください。見学随時OK!