風景変わらず、匂い変わる

2017年9月6日

9月に入り数日が経過致しました。
如何お過ごしでしょうか?アレンジメントケア箱根仙石原広報委員です。

窓から見える景色は緑のままですが晴天の日もほとんど無い曇りばかりの日が続き、夏らしい日が少ない最近です。
最近は外の空気もかわってきていて、何より一番変わっているのは空気中の匂いです。
外を歩いていると秋に感じる匂いがするようになりました。
今年の6、7月頃は貯水量が例年より下回るとニュースで言われていましたが、まるで季節が入れ替わったかのような感じだと私は思ってしまいました。

ここのところ晴れ間も長続きせず大体が曇り空な箱根の空。
熱中症に注意せねばならないものの暑かった去年が恋しく感じます。
秋の気温なものの、景色はまだまだ夏の緑。
利用者様方が皆様各々で麦わら帽子を被りけだるい暑さを味わいつつ外を散歩した去年。
熱中症を警戒しながらも夏を感じたあの暑さは今何処?
そんな事を利用者様方と話しては笑っている最近です。

さて、とはいえ気温が変化してきたため、また更に油断ならない最近。
熱中症の心配は薄くなったものの気温の変化により体調を崩される方も出て来られる可能性も上がってまいりました。
こちらもいつもより利用者様の体調の変化に気づけるよう警戒していかねばと思っております。


コメントをどうぞ


介護のご相談、資料請求などお気軽にお電話ください。見学随時OK!